うす毛がそのまま進行




カテゴリ


[PR]



2009年10月16日(Fri)
うす毛がそのまま進行
思春期以降に、額の生え際、頭頂部の髪がうすくなってきます。これらは主に30から50代の男性に多く見られます。多くの人が悩んでいるうす毛は、日本の男性では約3人に1人がAGAで悩んでいるとまで言われています。うす毛AGAには、男性ホルモンが大きくかかわっていると考えられています。1度AGA の症状がでてくるとうす毛は進行していきます。一般的な症状は、額から頭髪がどんどんと後退してくる、頭頂部の髪がうすくなっていくなどの症状です。また AGAの特徴として、特異的な脱毛パターンがあると言われています。それは、額の生え際や頭頂部の髪がうすくなっていき、うす毛がそのまま進行していくことです。このような髪の毛の変化は、20代前後から始まり、およそ35歳ぐらいまでに約4割の人が脱毛・うす毛の症状が現れると言われています。しかし、これらはあくまで目安でAGAによるうす毛は個人差があります。早い人では10代のうちから症状が現れる人もいます。
発毛シャンプー
発毛剤
発毛の基礎知識


   


An's Kitchenへようこそ!


新着トラックバック/コメント

美容や健康に興味アリ。

カレンダ
2009年10月
       
16

アーカイブ
2009年 (49)
1月 (9)
2月 (15)
4月 (3)
5月 (2)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (1)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (1)
2011年 (20)
4月 (15)
9月 (1)
11月 (3)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:6
昨日:7
累計:137,523