An's Kitchen - 2009/10

お料理大好き!


カテゴリ


[PR]



2009年10月16日(Fri)▲ページの先頭へ
うす毛がそのまま進行
思春期以降に、額の生え際、頭頂部の髪がうすくなってきます。これらは主に30から50代の男性に多く見られます。多くの人が悩んでいるうす毛は、日本の男性では約3人に1人がAGAで悩んでいるとまで言われています。うす毛AGAには、男性ホルモンが大きくかかわっていると考えられています。1度AGA の症状がでてくるとうす毛は進行していきます。一般的な症状は、額から頭髪がどんどんと後退してくる、頭頂部の髪がうすくなっていくなどの症状です。また AGAの特徴として、特異的な脱毛パターンがあると言われています。それは、額の生え際や頭頂部の髪がうすくなっていき、うす毛がそのまま進行していくことです。このような髪の毛の変化は、20代前後から始まり、およそ35歳ぐらいまでに約4割の人が脱毛・うす毛の症状が現れると言われています。しかし、これらはあくまで目安でAGAによるうす毛は個人差があります。早い人では10代のうちから症状が現れる人もいます。
発毛シャンプー
発毛剤
発毛の基礎知識


2009年10月11日(Sun)▲ページの先頭へ
アスタリフトが口コミでいいかんじ
寒くなってきて、乾燥も気になるようになってきました。
乾燥肌だと、なにやってもうまくいかないので大変です。
体質を改善していかないといけないということなので、
さまざまなサプリとかやっています。
化粧品も、できるだけ保湿重視で考えています。
そんなときに友達から進められたのがアスタリフトでした。
使ったことないのでどんなのかわからないのですが、
潤うことに関しては間違いないということなので・・・


2009年10月06日(Tue)▲ページの先頭へ
髪の毛を取り戻す
たばこやお酒はAGAには悪いので控え他方がいいというのが定説です。
また今では、AGA克服のための治療としてプロペシアという治療薬があり、専門の医療機関に行ってみてもらい処方してもらう治療方法もあります。
一口にAGAを克服するといっても、AGAはすぐに治るものではなく、克服するには長い間治療を続けるという自分の意思が必要になってきます。これは生活習慣の改善にも必要なこと。
結果はすぐには出ないので、焦らず治療するのが重要です。
AGAを克服することで長い太い健康的な髪の毛を取り戻すことによって、自分への自信にもつながると思います。
頭皮シャンプー


2009年10月02日(Fri)▲ページの先頭へ
柿渋石鹸
加齢臭には、ノネナールという物質が関係していることが研究によって明らかにされています。
ノネナールは、皮脂腺から分泌される脂肪分が酸化して生み出されます。
もともと皮脂脂肪分の酸化を抑制する働きを持っていますが、40歳代ころからその働きが急激に落ちてきます。
ちょうど中年期に入ったころからにおいもしてくることもあって加齢臭には「おじさん臭い」といったイメージで認識されるようになっています。

柿渋石鹸は、加齢臭のニオイのを洗い流し、ニオイの元を抑制する働きがあり注目されています。


   


An's Kitchenへようこそ!


新着トラックバック/コメント

美容や健康に興味アリ。

カレンダ
2009年10月
       

アーカイブ
2009年 (49)
1月 (9)
2月 (15)
4月 (3)
5月 (2)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (1)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (1)
2011年 (20)
4月 (15)
9月 (1)
11月 (3)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:1
累計:137,748